Complete text -- "経理ソフト"

04 July

経理ソフト

去年の9月に会社を設立してもうすぐ8月で最初の決算を迎えます。
経理はいままで会計事務所に、現金出納帳、通帳コピー、売掛表を渡して仕訳と集計をしてもらってきました。
楽なのはいいのですが、毎月の試算表が出るまで収益がはっきりしないのがちょっと不満でした。
しかし、1年経ってだいぶ経理のこともわかったきたので会計ソフトをいれることにしました。
評価版を入れて試してみたところOBCの子会社のビズソフト会計が簡単で使いやすかった。
でも対応している会計事務所がほとんどなく、現在の会計事務所の推薦もあって弥生会計にすることにしました。
(結局ソフトってサポートしてくれる所が無いと売れないのよね。昔を思い出すな)
しかし、製品購入も約3万ですが、サポートも毎年3万位する。
(どっかのLinuxみたい)
購入はkakaku.comで一番安い2.6万にしましたが、サポートは入らなかった。本も買ったし、会計事務所もいるので大丈夫だろう。
会計ソフト使いこなすのもおもしろいかも?
23:45:36 | sambamaster | | TrackBacks
Comments

The naganoマン wrote:

naganoマン 参上!!

会計事務所が扱う経理ソフトは、大きく分けても2種類あります。

・パッケージ型
・オリジナル型

パッケージ型は言うまでもなく、「勘定なんたら」「弥生なんたら」等々です。

オリジナル型は、「ミロクなんたら」による独自仕様によるソフトです。

前者は、一般(中小零)企業でおなじみですが、特に街場の会計事務所が契約している小零規模の企業では、「弥生なんたら」の利用割合が高いかと思われます。

会計ソフトで気をつける点は、消費税等の税制度の変更や会計規則の変更等に伴う機能更新が、該当時期に正しく提供されていることです。

これらは製品サポートに入ることでオンラインorメディア提供されていた(昔の話なので、現状はわからないです)かと思いますので、出来ればサポート契約をしてくことをお勧めします。

--
The naganoマン
07/05/07 12:32:56
Add Comments
:

:

トラックバック