04 July

テラステーションからデータ救出(Recovery of RAID and LVM2 Volumes)

バッファローのテラステーションには当社製Sambaが乗っている関係で会社にはたくさんのテラステーションがあります。
(一人一台以上あるはず)
しかしながら当然頂き物なので初期ロット品が多く、先日ファームウェアをバージョンアップしたらOSが起動しなくなってしまい、バックアップデータが取り出せなくなってしまいました。
バックアップなので、なくてすぐ困るというわけでは無かったのですが、元データが消えてしまったデータもあったので、暇な時に取り出そうと放たらかしになっていました。
それはデータがソフトウェアRADI1でしかもXFSでフォーマットされているため、いつも仕事で使っているCentOS5では取り出せない、という問題もあったからです。
(そのためにわざわざSuSEやMIRACLEを入れる気にもなれず...)
しかしながらCentOS5.4でXFSがサポートされ、Ubuntuでも気がつくとサポートされたらしいということで、Ubuntu 10.4を使ってデータ救出をやってみました。

まずは起動しないテラステーションを分解して取り出したHDDを外付けケースに入れて、まともに動くテラステーションにUSBに接続。
テラステーション経由で見てみると案の上先頭のOS部分だけが見えて、データ部分は全く見えず...

そこでUbuntu 10.4のPCにUSBで接続すると、/dev/sdbで認識。

fdisk -l で見ると、さっき見えていた基本パーティション /dev/sdb1,2ではなく、拡張パーティション (/dev/sdb4の中にある)/dev/sdb5がデータ部分らしい。

mount /dev/sdb5 /mnt/disk1
とやってみるが、RAIDのメンバーなのでダメよ、みたいなメッセージ
pvscanとかlvscan入れても見えないし、cat /proc/mdstat も何も表示されず
そこで
Recovery of RAID and LVM2 Volumes
を参考に、
mdadm --examine --scan /dev/sdb5 >> /etc/mdadm.conf とやって
vi /etc/mdadm.conf した。
mdadm -A -s したら、cat /proc/mdstat でうまく表示されるようになって
mount /dev/md2 /mnt/disk1
としたら無事データが見えた。

直接scpも考えたが、400GBぐらいあるので、スピード重視で、Sambaを起動させて、Windows7を使って40分くらいで別なテラステーションへ無事コピー完了。

できてしまえばどうってことないけど、いつも仕事でCentOSとかSolaris10ぐらいしか使っていないので、Ubuntu 10.4の出来の良さには感心してしまった。

最初pvscanとか打ったらコマンドが無かったんだけど、apt-getでlvm2をインストールしたら?とか教えてくれるし、smbdを起動しようとしたら同様にapt-getでsambaインストールしたら?と親切に教えてくれる。

その他、メッセージとかGUIとかLinuxと思えない(?)ほど親切。
Windows7なんかより親切なんじゃないかと思った。
(Mac OS Xのインターフェースは別な次元でよくできてるけど)

23:03:19 | sambamaster | | TrackBacks

02 March

セミナー予定

なぜか毎月のようにLPIでセミナーしています。

2010/3/18 LPIC レベル301 技術解説無料セミナー
https://www.lpi.or.jp/event/20100205/


2010/4/8 LPIC レベル302 技術解説無料セミナー
https://www.lpi.or.jp/event/20100225/


2010/02/10の『LPI-Japan主催 エグゼクティブセミナー「Linux/OSS ビジネスサミット 2010」での講演 「クラウド時代におけるLinux/OSSビジネス事例」』の資料も公開しました。


19:08:36 | sambamaster | | TrackBacks

05 November

『LPIC レベル3技術解説無料セミナー』開催(12月3日)

これからLPICレベル3の勉強を始めたい方、LPICレベル3の資格取得に向けて勉強を始めてはみたけどなかなか学習のコツがつかめない方を対象に『LPICレベル3技術解説無料セミナー』を開催いたします。

LPI-Japanが主催でもちろん私が講師です。

解説するポイント(LPIC Level3 出題範囲より)

LPIC-3 Core「301 Core Exam」受験のための勉強方法を紹介し、例題を解きながら解説します。
301試験の範囲は大変広いため、講座ではOpenLDAP部分を中心に取り上げて 解説します。
また、受験のための必要な知識と実際のシステム構築時に必要な知識の違いや注意事項を解説します。

ポイント
* 勘違いしがちなLDAPの概念について
* 試験準備としてどんな勉強をすれば良いか?
* 冗長化および負荷分散手法について
* LPI-Japanスキルチェックミニテスト「レベル3」例題の解説
* 業務では、やってはいけないLDAPサーバ構築方法

問題はテキスト作成する時間はあるのか?ということです。
でもやらないと...


21:05:09 | sambamaster | | TrackBacks

29 June

VAIO危うし

一度3月に記事を書きかけていたのですが、FireFoxがクラッシュして記事が消えたため書く機会を逃していました。

ところが最近トラブルに見舞われているので書きます。

長年Let's Noteを使っていたのですが、ちょっと冒険してデザインと性能でVAIO type Sに変えたのですが、さっそく調子が悪いです。

# ちょうど3月まで買えば経費で落とせそうだったんです

#結局特例は延期になったので今も経費で落とせるのでした

まずタッチパッドの右クリックが反応しずらくなり、今は左クリックも怪しい。

そしてハードディスクの衝撃センサが1秒置きぐらいに発生するようになってしまいました。

ああ、やはりSONYなのか?!

ディスククラッシュしそうな予感がして、毎晩バックアップを取っています。

今週末代替機を用意して来週修理に出そうっと。
なんとか来週まで持ちますように....

(ハイブリッドHDDなんかにするんじゃなかった?!)
17:58:14 | sambamaster | | TrackBacks

19 May

CDが焼けない!

先日某お客さんのマシンにRHEL4.6とRHEL3.9をインストールすべく、Linuxマシン(on MacMini)とWindowsマシン(Vista on VAIO)で平行してCDを焼きました。(今回はDVDではない)
ところがRHELインストール時のメディアチェックを実行すると、VAIOで焼いたRHEL3のCD4枚は全滅、Linuxで焼いたものは5枚中2枚がメディア不良
何度も焼いてみたけどどれもだめ!
md5sumやISOイメージでのチェックでは問題なし。
夜遅くなってしまい、次の日のインストールは無理か?
とあきらめていた時にふと思いついて、Mac OS X(同じMac Mini)でCDを焼いたら無事OK。Linuxのcdrecordコマンドの問題のようです。
VAIOもROXIOの代わりにB'sRecorderを使ったら問題なく焼けた。
なんてことだ。DVDに続いてCDにも祟られているのかな?
結局CDが10枚ぐらいゴミとなりました。

先日750GBのディスクが故障し、今500GBのディスクも調子悪い。
保証期間内で交換してくれることになったけど、いろいろな媒体に嫌われている今日この頃です。

13:24:23 | sambamaster | | TrackBacks